サイトメニュー

気軽に顔痩せできる方法

カウンセリング

注射だけで理想のフェイスラインを

エラのコンプレックスを抱えている女性の多くは、骨を削らないといけないと考えていますが、実際はボトックス注射だけで小顔になれることが少なくありません。ボトックス注射は咬筋を適度に緩めることにより、本来のフェイスラインに変えるメリットがあります。美容整形では額や眉間・目元などのシワ解消の施術としてよく活用されていますが、小顔施術としても役立ちます。食いしばりや噛み締めなどの習慣は多くの人が無意識のうちに行っており、特に就寝中に行っている人が多いです。つまり自分では気づかないうちに咬筋が強化され、顔が横側に太くなっていくわけです。咬筋が発達すると顔が四角くなってくるので、昔の写真と比較すると一目瞭然でわかります。筋肉が原因でエラが太っている場合は脂肪溶解注射やリンパマッサージなどで解消することはできません。ボトックスで咬筋を弱めていく方法が最適で、それにより逆三角形のフェイスラインに整えることができます。ボトックス注射の効果は3日目くらいから現れ始めて、6ヶ月くらい持続してくれます。

ボトックス注射によるエラ痩せのメリットは、注射一本で行えるので身体への負担が少ないことです。エラ骨を切除する必要がないため、ダウンタイムは軽い腫れや内出血程度です。すぐに日常生活に戻れるのが特長で、周囲に施術を受けたことがバレません。効果は6ヶ月程度持続し、硬くなった筋肉が緩和されることで肌本来のターンオーバーが復活するメリットもあります。ターンオーバーが乱れてしまうと肌の新陳代謝だけでなく、リンパや血行不良などの問題も発生してきます。これらの症状は肌細胞から元気を奪ってしまい、くすみ・むくみの原因になることもあるわけです。ボトックス注射のメリットは、エラ骨削りよりも小顔効果が高いことです。削る方法だと輪郭形成がうまくいかないケースもあり、左右でアンバランスになったり、削りすぎたりしてしまう可能性もわずかにあります。これに対してボトックスは注射一本で施術できるので、ダウンタイムや副作用が弱いのが特長です。持続効果は有限になりますが、繰り返し受けることで持続期間が長くなったという方が多いようです。

Copyright© 2019 自分の顔にあるコンプレックスを注射だけで克服できる All Rights Reserved.