サイトメニュー

医師選びが左右する

注射器

医師選びと効果について

ボトックス治療を決めた際に選択する事になるのが薬剤の種類です。エラボトックス治療を受ける希望の場合、顔に治療をするので慎重に選択する必要があります。使用される薬剤はボツリヌストキシンですが、選択するのは正規品かジェネリックになります。ジェネリックは正規品の同一成分同効果なのですが、それぞれの国の安全基準で製造されています。日本では正規品であるアラガン社製しか安全性を認めていない事も、選択の際知っておく必要があります。安全性について確認しているから、そのクリニックで用意しているという背景もあります。費用も安いジェネリックですが、費用で選ばずその施術を依頼する医師の信頼度がそのまま安全性に繋がると言えます。ボトックス治療で薬剤の選択をする前に、まずクリニック選びになります。信用できるクリニックとは医師によります。その医師の見分け方としては、美容医療に精通している事や、エラボトックス治療の臨床経験が豊富である事が必須と言えます。信頼できるクリニックで用意している薬剤なら安心度合いも高いでしょう。

ボトックス治療でエラに治療する事は、治療をしないと得られないメリットばかりと言えます。顔が平べったくや大きく見える要因には、エラが張っている事があります。筋肉が発達している場合、この治療方法が適切です。咬筋が発達している事になるので、普段食事等で使用する為痩せさせたり小さくしたりすることは自然には不可能です。しかしこの治療により、ピンポイントで自然な形でエラの筋肉を小さくする事ができます。小顔をキープするには継続して治療を受ける必要があります。効果持続期間は半年ほどであり、徐々に効果は薄れていきます。それはかえって元に戻せる事を意味しますので、失敗と感じた場合も安心です。エラに治療するのですが、ダウンタイムもほとんどない治療方法なので顔と言う目立つ場所でも翌日から他人に気兼ねなく会う事もできます。そして効果は突然ではなく徐々に現れるので、周囲の方に美容整形術を受けた事をばれる心配もありません。ボトックス治療の中でも小顔治療は特に多い内容であり、臨床データも豊富です。

Copyright© 2019 自分の顔にあるコンプレックスを注射だけで克服できる All Rights Reserved.